暮らしを支える構造には、永住を見据えた「強さ」を。

  • 杭基礎

    強固な杭を固い地盤に構築して建物を足元から支える杭基礎構造を採用。杭には拡底杭を採用し、地下約10m~22m付近の強固な支持地盤に打ち込むことで、建物を頑強に支えます。

  • コンクリート品質

    建物の耐久性に大きく関わるコンクリート。その品質にこだわり、本物件では1m²あたり最大2,100~4,200トンの圧力に耐えられる、21~42ニュートン(N/mm²)のコンクリート強度を設計基準としています。また、ひび割れを少なくするためコンクリート中の水の配合率を60%以下としています。

  • かぶり厚

    構造体の耐久性を劣化させる原因となる、コンクリート内部の鉄筋の錆びを防ぐために、鉄筋を包むコンクリートの厚さ(かぶり厚)を確保する事が重要となります。本物件では、かぶり厚を土に接しない部分は標準約40mm、土に接する部分は約50mm~70mmを確保しています。

  • 溶接閉鎖型せん断補強筋

    建物を支える柱の帯筋に、溶接閉鎖型せん断補強筋を採用。帯筋工法よりも粘り強さに優れ、耐震性も向上しています。

  • ダブル配筋

    建物を取り巻く外壁と戸境壁の配筋は、コンクリートのなかで鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用しています。鉄筋が一重のシングル配筋より高い強度が得られ、コンクリートのひび割れ防止などの効果も認められています。

  • コンクリート壁厚

    建物の強さの基本となる躯体構造。それをかたちづくる外壁は約150mm、住戸間の戸境壁も約150mmの厚さを確保。ダブル配筋の採用により高い強度と耐久性を実現するとともに、断熱・遮音性にも配慮しています。

  • 断熱材

    熱伝導を抑え、冷暖房効率を高めるために、外壁は約25mm、1・2階の住戸外気に面する床下約50mm、屋上部分は約50mmの断熱材を施しています。

  • 二重床

    床には床面と床スラブ厚約200mmとの間に緩衝空間を設けた二重構造を採用。さらに、住戸内の各居室・廊下等には上下階の生活音を抑制する遮音性能ΔLL(I)-4等級(LL-45)のフローリングを組み合わせて、高い遮音性を実現します。

  • 二重天井

    コンクリートスラブ(約200mm(最上階150~180mm))と天井材との間に緩衝空間となる空気層を設けた二重天井設計を採用しています。緩衝空間には電気配線、設備配管スペースを確保しています。

  • シックハウス対策

    フローリング材や壁紙等は、ホルムアルデヒド等級の最上位規格として認定されたF☆☆☆☆規格を採用しています。また、クロス接着材にはノンホルマリンタイプを用いるなど、より健やかで安心感の高い暮らしを実現します。

  • 耐震枠付玄関ドア

    玄関には、ドアとドア枠の間に適度なクリアランス(隙間)を設けた耐震枠付玄関ドアを採用。地震で枠が変形しても、ドア本体の変形を防ぎ地震時でも閉ざされないよう配慮しています。

  • ぺアガラスや遮音性能が高いサッシ

    浴室・玄関以外の開口部の窓全てに、冷暖房効率を高めるとともに結露なども軽減するぺアガラスを採用。さらに、一般的なサッシに比べて高い遮音性能を誇る遮音等級T-2(30等級)のサッシを採用し、静かな室内空間をもたらします。

  • フルフラット設計

    つまづきによる住戸内での転倒を防ぐため、廊下と各居室・水廻り・リビングまでの段差を解消しました。子どもからお年寄りまで、安心の設計です。※バルコニー出入り部分は除く

  • 24時間低風量換気システム

    窓を閉め切ったままでも新鮮な外気を常に取り込めるよう、24時間低風量換気システムを導入。住戸内の空気の澱みを防ぎ、カビの原因となる結露などの発生も抑制します。

  • 全洋室引き戸採用

    全洋室の扉は、開閉によるデッドスペースの心配がない引き戸を採用しました。開け放しておけば、住戸内に心地よい風の通り道が生まれます。

  • 「フラット35」S(金利Bプラン)
    適合物件

    「ラウロ相川リーヴァ」は、評価項目のうち「断熱性能」において一定の基準を満たしており、金利の0.3%引下げを受けることができるフラット35S(金利Bプラン)が利用可能です。

  • 大阪市建築物環境性能表示

    大阪市建築物環境性能表示は、快適で環境にやさしい建築物の建設を促進するための制度です。CO2削減をはじめとする3つの項目に対する取り組み度合いなどと、建築物の環境性能を総合的に5段階で評価しています。

    ※大阪府建築物環境性能表示は、大阪府が認証を与えるものではなく、建築主の自主的な環境配慮への取組み結果を表示するものです。

※室内写真はモデルルーム(Dタイプ・モデルルームプラン)を平成28年2月に撮影したもので、オプションや設計変更(有償)が含まれています。
また、家具・備品等は販売価格に含まれておりません。建具等の色調につきましては、実際とは多少異なる場合があります。

※モデルルームは現在閉鎖中につきご覧いただけません。