入社の理由
将来的にいろいろな建築物の施工現場で活躍したい

「シード平和で働きたい」と思った一番の理由は、マンション建設以外にもさまざまな分野から建設に関わっていたから。シード平和は不動産事業やホテル運営、商業施設運営など幅広く事業に参入しています。だからマンションだけでなく、さまざまな建設にも携われるチャンスが身近にあるということです。メルディアグループの一員となった今、関西トップクラスの建設会社をめざし、工事規模も大きくなり受注も増え続けていますが、これまで100年以上受け継がれてきた伝統や技術が基盤となっているからこそ、幅広い事業それぞれが成功につながっていると実感しています。

現在の仕事
どんな時も集中できる環境が揃っているシード平和

琵琶湖畔の郊外型マンションを担当しています。マンションの竣工までの工程が、安全かつスムーズに進むよう建設現場を管理するのが仕事です。建設現場は天候の変化の影響を受けるので、工程の組み直しや、細かい段取りの変更・調整が不可欠ですが、100年を超える歴史を持つ当社は、協力会社とのコミュニケーションが良く、お互いにリスクを最小にしながら一つの目標に向かっていける関係性が確立しています。ですので、急な対応をしなければならない時でも安心。日々、周囲から多くのことを吸収し、成長を実感しています。

働く環境・仕事で心がけていること
仕事は丁寧に責任感を持って取り組むがモットー

気さくで優しい方が多いので、話しやすい環境があります。また経験豊富な方も多いため、困ったときはどんな些細なことでも親身に相談にのってもらえるので、とても心強いです。そんな中、最近は少しずつですが任せてもらえる仕事が増えてきました。スムーズに作業するためにはどうディレクションすればいいのか、あらゆることを想定し試行錯誤が必要ですが、準備を怠ると工事全体に影響が出るので、ミスや見落としがないかを確認しながら責任を持って取り組んでいます。まずは建設ディレクションの仕事で大きな基本とされている4つの管理、「安全管理」「工程管理」「予算管理」「品質管理」をきちんと身につけ、一つひとつ丁寧にそして確実にこなすことを心がけています。